光と暗の戦い
投稿者 ADMIN
作成日 2012-06-27 (水) 00:41
Link ① 9.mp3 (Down:101)
ㆍ照会: 572  
光と闇の戦い9 悪霊を追い出す働きと後続処置
と闇の戦い9                       悪霊を追い出す働きと後続処置
* 悪霊を追い出す働きに注意すべきことが精神的な病との分別です。また、追い出した後、後続処置と愛の奉仕が大事です。

1. 悪霊に取りつかれたことと精神的な病との分別  (悪霊による / 精神的な病による)
 1) 確かな意識があり合理的な話をする           /     筋の立たない話をする
2) 目から邪悪な、また陰気ある光を発する         /     目の焦点がぼんやりしている
3) 自分が非正常的であることを知り、助けを求める   /   自分が精神的な病ではないという  
4) 発作し鎮痛剤とは薬物投与が助けにならない     /    効果がある
5) 不思議な力を発揮する                     /      惰弱である
6) イエス様に対する敵対感、拒否行為を現わす     /     特別な拒否感はない
7) 透視、預言、秘められたことを知る、超能力がある     /     超能力がない
8) 他人の声を出すか、変な異言で語る           /     自分の声を出す
9) 他の人に転移される可能性がある              /     他人に転移されない
10) 急速な救いが成し遂げられる                  /     癒されるのに長い時間がかかる
11) 自分が悪霊に取りつかれていることを認めない   /    自分が悪霊に取りつかれたと言ったりする
12) いきなり極度の恐怖心を現わしたりする        /     極度の恐怖心をもたない
13) 自殺を考えるか行ったりする                /     自殺に対して怖がり行いはしない
* 多くの場合は二つが混じられているので、悪霊を追い出す働きは、出来れば精神科のお医者の支援を受けながら祈祷使役者が行うのが望ましい。

2. 悪しき霊を追い出す基本的な過程
 1段階) 悪霊の存在を認識させる       - 病者に、内部に悪霊が入っていることを認識させる

 2段階) 戦いが必要であることを認識させる
- 悪霊が入ってきたきっかけである自分の罪を認識させ、自分の意思を発動させる段階。魔術とか神秘術などが原因である
なら断絶を宣言するようにし、イエス様に対する信仰告白、また十字架の血潮の力を告白させる。

 3段階) イエス様の力を認識させ、畏れを持たせる
- 目と目を合わせて、霊力を集中してまっすぐ見るようにします。もし、目を避けるなら強制的にも避けられないようにします。

4段階) 内的な戦いを表面化する
- “あなたの正体を明らかにしなさい!  お前の名は何か?” 自分の正体を明らかにさせる質問を始める。  マルコ5:9

5段階) 激突します
- 感情に刺激を与え、叱るなら…悪霊は憎悪感を現わしあざ笑ったり騙すいろいろの手口を使ったりします。
@ 悪霊のごまかし
 1) 大げさに痛いふりをする、また、昏睡状態に陥れる。
2) 悪霊に取りつかれた人の隠れた罪とか、使役者の罪を暴かれながら、自分を隠すか攻撃する。
3) ‘出て行くから‘と言う…うその話をしたり、‘扉を開いてくれれば出て行く‘と言いながら…ごまかしをする。
4) 静かにしながら、出て行ったように仮装したりする。
5) 時には、体の隠密な部位に隠して最後まで対抗したりする。

   @ 悪霊が正体を現わすときの現状
1) 鼻をひくひくさせたり、唇をすぼませたり、のどの穴が拡張するような。また、たん唾を吐いたり、泡を吹き出したりする。
2) わなわな震えたり、ヘビのようにシュイ~ 音を出したり、動物のような泣き声と、臭い悪臭を放ちたりする。
3) 白目を見せたり、瞳孔が拡張したり、二つの目が別々に動いたりする。

6段階) 追放させる  -“イエス・キリストのみ名によって命じる!汚れた霊、この人から出て行け!” 権勢を持って命じる。

7段階) 癒しが伴う   -  正気になる (マルコ5:15)      喜びと平安が戻ってくる (使徒8:7-8)  
超能力がなくなる (使徒16:18-19)     病が癒される (マタイ17:18)

3. 後続の処置       マタイ12:43-45  
 1) キリストの内に過ごしていくように助けなければなりません。
イエス様を教える(Ⅰヨハネ3:8, 4:4)、  賛美が大事(サムエル上16:23)、  神の武具で武装させる(エペソ6:10-17)
 2) 他の信徒たちと交わりができるように助ける。 また、教会の活動に参加して働くように導くことです。  ローマ12:5-13
- 教会の活動に参加しなければ信仰は成長できません。  - キリストの内に一つの体になった共同体が保護膜です。
  0
3500