光と暗の戦い
投稿者 ADMIN
作成日 2012-06-04 (月) 21:45
Link ① 5.mp3 (Down:112)
ㆍ照会: 659  
光と闇の戦い5 悪霊に取りつかれる過程
* 悪霊に取りつかれる過程は、風にひくこととかウイルスに感染されることのようなものなのか?  そうではありません。

1. 信者たちが悪霊に取りつかれる過程は、三つくらいあると思われます。
1) 自分が犯した罪によって
-私たちがある罪を繰り返し犯すなら、悪霊に取りつかれる可能性が非常に高くなります。特に、悪霊に取りつかれやすい罪がありますが…それは偶像崇拝と関連した罪、性的な罪、相手を憎しむ罪、赦せない心などです。 このような罪らは、直ちに抑圧が来るようになり悪霊に取りつかれやすくなります。    -サタンに直接かかわれる場合もあります。最近、 black magic(邪悪な目的の魔術)が全世界的に広まっています。学生たちが好奇心で行う鉛筆占い、氣、ヨガなどがblack magicとつながる場合が多くあります。 - つい最近までも、子供たちは殆ど教会に通いましたが、今は少数のみです。なぜなら、TV、魔術、インタネート、娯楽、漫画などの影響があります。その中で漫画映画が一番深刻です。 TV漫画映画はほぼ80%-90%以上が魔術と関連しています。それらによって、子供たちの心が神様に対して閉ざされていくからです。

2) 自分に被せられた罪によって
-ある時期、親によって、偶像に捧げられた子供たちは、悪霊に取りつかれる場合が多くあります。
-特に、女性の場合、多くの人が幼い時の性的な暴行によって悪霊に取りつかれた人もいます。そのような人は、その抑圧によって地獄のような生活をする場合があります。それは、キリストの愛で癒してもらわなければなりません。 その場合は、自分が犯した罪ではなく他人によって自分に被せられた罪です。それにもかかわらず、そのような心によって悪霊に縛られるのです。キリストの赦しと愛を受け入れ、その相手を赦されるとき、その抑圧が切れられます。これは意思を持って必ず行われるべきです。
- ある人の場合は、罪責感と羞恥心によって悪霊が入っていく場合もあります。
- 中毒と関連する罪らは、悪霊に取りつかれることも関連があります。 例)麻薬中毒、アルコール中毒、同性恋愛者、性倒錯症
- 悪霊に取りつかれることは、ときには遺伝される場合もあります。それは、その影響力が遺伝されるとの意味です。 聖書にも罪を犯すならその呪いを子孫の三、四代まで受けるようになると言いました。 従って、初代教会にはバプテスマを施す前に、必ず霊的な掃除をしました。 信じる前、拝んだ神々、偶像を拝んだことをすべて悔い改めてその影響力を断ち切ることでした。 今日の教会にもそれは必要です。   出エジフト20:5

3) 霊的な攻撃によって
- あるアメリカの宣教師が南米に宣教に行かれました。ある町で子供たちを集め聖書の勉強をしているのに、ある子供が来たら大きく邪魔になりました。その子供は占い師の子供でした。他の子供にまで影響があるので、来ないようにしました。そうしたら、その子供は占い師である父と共に、家の前に来て何かを蒔きながら呪文を唱えたりしました。そのときから宣教師の家庭と子供に問題が起き始めそれが酷くなったので宣教の活動を中断し本国に戻りました。 神様に献身し代価を支払いながら頑張ってたのにどうしてそんな目にあったのか? 大きく落胆していました。それから学びを通してそれが霊的な攻撃であることを分かって、一緒にお祈りしながらその攻撃を断ち切りました。その後、子供たちが回復し再び宣教に出ましたが、今はその子供たちまでも同労者になって神の御業に用いられています。それは霊的な攻撃だったのです。
-ある教会は、以前は信徒たちが伝道に熱心があり実りも現わし始めたのに、いきなり酷い風邪が牧師のみでなく、熱心に伝道された信徒たちの間も強打し、皆が風邪で倒れました。そうしたら、そんなに燃えた伝道の熱気がいきなり消えてしまったそうです。それも霊的な攻撃だったのです。
-今は、科学が発達された時期です。それにも霊的な部分を無視したらいけません。キリスト者は神様が共におられるから悪しき霊よりはるかに強い力を持っています。しかし、それを使わなく、敵の攻撃を分別し対抗しなければ、むしろ襲われる場合があります。

2. 悪霊に取りつかれる一般的なパタン      Ⅰヨハネ3:8
- 悪霊を追い出す専門家たちによりますと、悪霊に取りつかれる人の 3/4は自分が犯した罪に故だそうです。サタンの誘惑に繰り返し負けるなら、悪霊が入ってくるように扉を開いてあげることになり合法的に影響力を受けます。 箴言26:11、Ⅱペトロ 2:20
- また、罪が繰り返されるほど… 悪霊の働きも強くなります。   マタイ12:43-45、 ヤコブ 1:15
- 見ること、聞くこと、触ること、感じること、話すこと… 私たちの五感を通して悪霊が入ってきます。特に、見ることを注意しなければなりません。(インタネートの淫乱物、淫らな広告など)  マタイ6:22      例)ある牧師の証し – 分かち合う、共同体の大事さ

3. 私たちの対策
- 私たちは習慣的な罪は必ず断ち切らなければなりません。癒しの祈りを受ける必要があり、悪しき霊に敵対することも必要です。しかし、私たちの努力と決断のみではできません。私たちの中で良いことはないことを認め、全的に主に委ねなければなりません。– また、悪いことをしないことも大事ですが、 むしろ、積極的に主を求め、愛することを願い、主の御声を聞いて主の御業に参加することを願い、主に近づくことを熱望するとき・・・ それらのことが断ち切られ、真の勝利を収めることができます。
  0
3500