光と暗の戦い
投稿者 ADMIN
作成日 2012-04-19 (木) 17:19
Link ① 1.mp3 (Down:101)
ㆍ照会: 672  
光と闇の戦い1 光と闇の霊的な戦い
* 世界的に多くの戦争があるように、霊的にも非常に激しい戦いが続いています。それが神の国とサタンの国の間の霊的な戦いです。この戦いは、イエス様がこの世に来られることによって、確かに明らかになりました。

1. サタンは自分の存在を隠して活動することを好みます。なぜなら、そのとき一番効果的に働くことができるから・・・
- イエス様が来られることによって隠して働いていたサタンの全貌が明らかになりました。イエス様はこの世に来られてからサタンに宣戦布告をされました。 “時が満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい。” (マルコ1:15)
- 激しく襲う者 (マタイ11:12)  :   イエス様は、サタンが支配しているこの世に激しく襲う者として来られました。そして、拠点を確保され、それを広げていきましたが… その方法は、神の国を宣べ伝えること、神の国の御業を成し遂げることでした。
- 避けられない戦い  :  今日、多くのキリスト者はこのような戦争があるということをよく知りません。知るとしても、軍人よりは民間人としていきたいと思い…また、サタンという話を聞くことさえも嫌がります。ですから、無防備状態で攻撃を受けています。
* このように、イエス様が来られることによって、私たちが戦いの中で居ることが明らかになりました。 イエス様がこの世に来られたのは特定な目的があったのですが… その目的はサタンの働きを滅ぼすことでした。 1ヨハネ3:8

2. イエス様は悪魔の働きを滅ぼす為に来られましたが、どのように滅ぼされたのか?    三つと思われます。

1) イエス様が来られることによって、悪魔の働きを明らかに現わされました。
- イエス様は光なので、光が闇の中で照らされるなら、闇の働きは全部明らかになるようになります。サタンは隠して働くのに、サタンの働きを明るみに出すなら、それは破壊されるようになっています。  サタンが身を隠すところ? 堅い要塞!  Ⅱコリント10:4,5
- “誤った思考体系”がサタンが利用する要塞の中の一つです。 私たちの思考体系が自己中心的、人本主義、律法的なので…神様の為に働くと言いながら、むしろ神に敵対する結果になります。それがサタンが良く使う方法です。 例) パリサイ派の人々、サウロ
- 私たちの思考体系の転換が行うとき、信仰の根本的な転換があり、生活の変化が伴います。この為には、集中的に神の観点、神の基準が照らされなければなりません。イエス様が聖霊によって光を照らされるとき、その闇が明らかになり破壊されます。

2) イエス様は、使役を通して滅ぼされました。
- イエス様は、御国の福音を宣べ伝え、御国の働きを担われたのですが…それがサタンの国に対する攻撃でした。
- ルカ4:18-19 “貧しい人”はサタンの抑圧によって圧迫され傷受けて苦しんでいる人たちを意味します。その中で、神の国の統治を伝える為に来られたお方がイエス様であり、それが福音です。       - マルコ3:27 ここで強い人とはサタンを意味し、家財道具はサタンの支配下にいる人々を意味します。“先ず、強い人を縛り上げて、家財道具を奪い取る”という話は、イエス様が神の力でサタンを縛り上げ、サタンの支配下にいる人々を自由にされるという意味です。
* 事実、サタンは被造物にすぎません。人々はサタンを神様の相手になるものと思いますが絶対そうではありません。サタンは被造物でありその相手はミカエル天使長です。(黙示録12:7-9) サタンも神様の主権下にいます。神様は無所不在ですが、サタンは無所不在ではありません。サタンは、今どこにいるか知らないがそこのみ居るだけです。勿論、サタンは大勢の家来があり、多くの連絡網を持っていて、霊的な存在なので早く動くことはできます。しかし、サタンは無所不在ではなく全能でもありません。ですから、イエス様が創造主、神の力で来られたのでサタンは滅ぼされサタンに縛られていた人々は解放されました。 これがイエス様の働きでした。

3) 十字架と復活を通して、滅ぼされました。
- イエス様の十字架と復活は、サタンの国に対する決定的な勝利を意味します。  創世記3:15 かかとを砕くとなっているように、イエス様を十字架にかけられましたが、むしろ十字架と復活を通してサタンの頭を砕かれました。
- 死亡を受けられることによって、死に勝つ (ヘブライ2:14-15)   イエス様は、死亡に食われて死ぬことから復活されることによって、死亡を滅ぼされたのです。 このように、イエス様の十字架と復活はサタンに対して決定的な打撃でした。
*  D-dayとV-dayの理解 :  イエス様は、十字架と復活によってサタンの頭を砕かれたので、勝利は既に確報されています。 
これから残っているのは残軍の掃討だけです。 私たちは既に勝利している戦いをしていることを覚えなければなりません。

3. イエス様の残された苦難
- 私たちは、イエス様が既におさめられている勝利を、地の果てにまで伝える為に招かれました。 マタイ28:18-20  コロサイ1:24
- 12弟子たちが、イエス様の命令に従ったので、福音が今日私たちにまで届いたように… 私たちも弟子になって続きの働きを!  
- 私たちは一生涯の職場があります。名誉退職もありません。死ぬ時まで働いても尽くせない御業がまかされています。

* 神様は私たちが沢山お金を稼いて、この世で豊かに過ごすことに目的を持つことを願っておりません。それは物質の奴隷であり神様から見捨てられる破滅の道です(Ⅰヨハネ2:15,16) 神様の良い業を担うことによって豊かになる事を願われます。 マタイ6:33
  0
3500