聖霊使役の回復
投稿者 ADMIN
作成日 2012-04-11 (水) 19:25
ㆍ照会: 682  
10 私たちが担うべき聖霊の働き
* イエス様が担われた聖霊の働きは、全人的な癒しの働きでした。 私たちが担うべき聖霊の働きも…
(マタイ福音書の構成: イエス様の働きを マタイ4:23, 9:35 / 5-7章 御言葉の働き、 8-9章 聖霊の働き、 10章 弟子たちを立てて派遣)

1. イエス様の働きは全人的な癒しの働きでした。
* 8章の初めの部分(1-4節、重い皮膚病を癒された事)は、イエス様が担われた聖霊の働きのモデルですが、全人的な癒しの働きでした。
-当時の重い皮膚病というのは、全体的に痛む人でした。 肉体的に、精神的に、社会的に、霊的に…
肉体的には体が腐っていく人であり、精神的に社会的にはイスラエル陣営の中では住めなく別なところで隔離されて住みました。また、霊的に礼拝に出ることができなく、誰かが自分を触る人がいるならその人も不正になる… レビ13:45,46
-このような人だったので、イエス様に出てきて助けを求めるのには難しさがありましたが…”先生、御心なら私を清くすりことができます。” イエス様は直接!手で触って癒してくださいました。”よろしい! 清くなれ”そうしたら、すぐ癒されました。
* 全人的な癒しの働きは、イエス様の救いの御業の核心的な一部分でした。
-ルカ4:16-21は… イエス様の働きの始まりを端的に示してくださるところですが…その言葉はイザヤ 61:1-2の引用でした。 “この言葉は、今日、実現した!”と言われます。イエス様は全人的な癒しの働きを通して、イザヤの後半部に約束された神の民の救いの御業を成就されるということです。 この全人的な癒しの働きは、御言葉の働きの付属的な働きではなく… イエス様が担われた救いの業の核心的な部分だったということです。
- 従って、全人的な癒しの働きの為に、私たちは大きな賜物が現れること、聖霊の力を切に求めなければなりません。
* 病者の為に医者として来られたイエス様     マタイ9:9-13
- 私たちが担うべき聖霊の働きに関してイエス様から学ばなければならない重要な姿勢は…イエス様は病者たちの為に医者として来られたということです。 当時、徴税人と罪人らはパリサイ派の人々の立場では汚れた人々でしたが…イエス様は彼らと共におられたのです。そうしたらパリサイ派の人々が敵対します。それに対する答えが…”健康な人には医者が要らない、病者には必要である。” という言葉でした。
@ このようにイエス様は病者たちの為に医者として来られて、病者たちを回復する為に全人的な癒しの働きを行いました。

2. 憐れみが大事です。
- イエス様が行われた聖霊の働きの非常に大事な要素は…憐れみでした。 私たちがこれから行われるべき聖霊の働きと関連して、必ず持つべきことの一つが…憐れみです。 憐れみは、聖霊の働きに関して沢山のことを語ってくれます。
* 全人的な癒しの働きは、‘神様の憐れみ‘の表現です。    マタイ14:14, 15:32
- イエス様が担われた聖霊の働き、癒しの働きの背後には…憐れみがありました。 “憐れみ”とは…母親が体内にいる胎児に対して持つ愛の心ですが、その心が… 神様の御心を少し表現できるからです。
* 隣人に対する一番大きな憐れみの中の一つが、聖霊の働きを通した全人的な癒しです。
- 徴税人の家で、イエス様がご自身は医者として来られたと言いながら、パリサイ派の人々に“私が求めるのは憐れみであって、いけにえではないと言われた意味を学びなさい!”とホセア6:6を引用されました。 その憐れみとは先ず、神様に対する愛であり、次は神の愛を土台とした隣人に対する愛です。 ここで、隣人に対する憐れみを現わす大事なことの中の一つが…聖霊の働きによる全人的な癒しを通した回復です。
- パリサイ派の人々は外部的な規律、規則を守るのには熱心でしたが、この憐れみはありませんでした。 マタイ23:23
* 憐れみは、相手の立場になって仕える事です。   ルカ10:25-37
-善きサマリア人の例えで…”誰が強盗に襲われた人の隣人ですか?”  宗教指導者たちは外部的な規律、規則を守るのには熱心がありましたが憐れみはありませんでした。強盗に襲われた人を避けて行くことが彼らには同然のように見えましたが神様の前で憐れみがなかったことでした。神様に対する真の愛がないので隣人に対する愛もできませんでした。しかし、サマリア人は傷を癒し最後まで仕えました。ルカ10:36の意味? 強盗に襲われた人の立場から見るとき!誰が隣人?!
@ 本当に大事なのは… 憐れみは、相手の立場から仕えること! これが真の愛であり、聖霊の働きの核心です。

3. 聖霊の働きと礼拝
- このような聖霊の働きの為には礼拝が必修です。なぜなら、礼拝が回復されるとき、聖霊が自由に働かれるようになり!聖霊が自由に働かれるときこのような全人的な癒し、聖霊の働きができるからです。 サウルが悪霊に取りつかれたとき、ダビデが神様を拝みながら楽器を演奏したら悪霊が出てしまったように…  サムエル上16:23
@ 私たちにも神様に喜ばれる真の礼拝が回復され、イエス様が行われた聖霊の働きを…私たちにもできるように!
  0
3500
番号     タイトル  投稿者 作成日
10 10 私たちが担うべき聖霊の働き ADMIN 2012-04-11
9 9 聖霊の油注ぎⅢ [7] ADMIN 2012-03-28
8 8 聖霊の油注ぎⅡ ADMIN 2012-03-20
7 7 聖霊の油注ぎⅠ ADMIN 2012-03-20
6 6 聖霊の働きに対する価値観 ADMIN 2012-03-07
5 5 聖霊の洗礼(バプテスマ)と聖霊充満 ADMIN 2012-02-28
4 4 聖霊の賜物Ⅱ ADMIN 2012-02-28
3 3 聖霊の賜物1 ADMIN 2012-02-28
2 2 聖霊との交わり ADMIN 2012-02-28
1 1 イエス様と使徒たちの働き ADMIN 2012-02-28
1