教会の回復
投稿者 ADMIN
作成日 2012-01-13 (金) 23:53
Link ① 1.mp3 (Down:119)
ㆍ照会: 675  
1. 教会の回復は“真理の回復”から始まります。
*今日の教界とこの世には…主の力は現わらないで御言葉のみの教会ばかりです。私たちは今の御言葉のみ伝えるところから, 能力の伝道と神の栄光を解き放す力ある御言葉を伝える段階に転換しなければならない、大きな変化の中に置かれています。この変化は既に始まっています。 - 聖霊が導かれる次の段階は5重の使役(エペソ4:11)を通した神様の統治です。 神の教会の中で、主の力が持続的に現われなかった理由は、5重の使役を通した神の統治が教会の中で位置付できていなかったからです。  今度の教会回復の分かち合いを通して、神の統治が教会の中に臨まれるように…また、その中で持続的な油注ぎと栄光を見ることができますように

1. 教会の回復は真理の回復からです。 なぜなら… 教会は真理の柱であり土台であるからです。
* 教会とは?  Ⅰテモテ3:15  神の家(oikos)、真理の柱であり土台である、生ける神の教会 <- これは教会の各々異なる面を見せてくれます
1) 教会は神の家です(household)     エペソ2:19  教会は家族です!   エペソ4:3 霊による一致を保つように努めなさい!
- 家族になる為に大事なことは?ただ集まって親睦を図るのみでなく、質を高めなければなりません… 清潔、生きた信仰、聖霊の充満、愛による奉仕

2) 教会は! 生きておられる神の教会です。
-“神の教会!” 持ち主は神様です! 教会は民主主義でも人による独裁でもなく... 頭である主が統治されるところです。
 良い牧師は主の御声を正確に聞きその通り従う人です。牧師は自分の考え、牧会の哲学によって働いてはなりません。神様との十分な交わりを通して、主の御声を聞き、主の言われる通り従わなければなりません。.  
-“生きておられる”神の教会です。  従って、教会は神のご臨在を生々しく感じることができるのが大事です。
Ⅰコリント14:25 信じない人が来て神のご臨在を感じるように!  歴代下7:1-3ソロモンの神殿…セキナの栄光!ご臨在! それが目標になること!

3) 教会は真理の柱と土台です。
-柱は家を支えるものであり、柱を支えるのは土台です。ジョン・ストットは教会の責任という本で“教会は偽りの教えによって崩れないのみならず、真理の柱を高く上げ真理がこの世に知らされるようにしなければならない。”
    この主な責任は牧師にあります。   Ⅱテモテ2:15,   Ⅰコリント3:10-15  “木、草、わらで”、 ”金、銀、宝石で”?
牧師の真理の分別は死活的に大事です。 なぜ、数多くの弟子訓練と聖書勉強会があったのに真理の回復ができていないのか?
イ) 教理を真理として錯覚したからです。
大勢の牧師たちは教理に従って説教しながら、聖書通り説教していると思います。イエス様の当時も同じでした。マルコ7:6-13  “人間の戒め、言い伝え”とは? ユダヤ教の有名なラビ、律法学者らが作り上げた伝統と教理、それが権威を持つようになり神の戒めより優先されました。 今日も同じです。大勢の牧師らは自分の教団の教理が無条件的に正しいと信じ、それを聖書と同一視します。 また、教理の眼鏡をかけて聖書を見ることによって教理中心的に聖書を解釈します。それは、正しくありません。

ロ)また、説教者が神の評価より人間の評価を願って、真理を妥協したからです。  ガラテア1:10,  Ⅱテモテ4:2-5  
- オク・ハンウム先生の告白 “韓国の教会の牧師皆さん, 人の顔色を見ることによって福音を変質させたと言われる主の叱りから自分はそうではない言われる人はどのぐらいですか?”           - リク・ジョイナ “真理の回復” 教会が始まった1世紀から、人々によって受け入れやすい、論争を避ける為に、少し少しずつ福音は変質されてきました。それによって真理が著しく歪曲され、また多くの偽善的なこともあり、現在の教会は歴史上、一番暗い中に置かれるようになりました。
@ その中で深刻に歪曲されている部分が、救い論です。   ヘブライ2:1-3  これほど大きな救いに対してむとんちゃくでいて???
- 救い論の歪曲はパウルの神学とイエス様の言葉に対する優先順位の問題から生じます。 救いに対する説教はほとんどバウルによる手紙に重点を置かれています。本来、聖書の中の福音書と書簡は、矛盾はありません。それにもかかわらず、イエス様の教えに着念しなければ私たちの救いに対する教えは歪曲されるようになります。 すべてをイエス様の教えの基準から、書簡の内容を読まなければなりません。  
* 基準?  Ⅰテモテ6:3-5  主イエス․キリストの健全な言葉! 信心に基づく教え!
- イエス様の教えは、悔い改めを促すことから始まります。   マタイ4:17  悔い改めを強調しない福音は変質された物です。
- イエス様の教えは、山上の垂訓(マタイ5-7章)に良く現われています。   マタイ5:1-12、 5:20、 7:21  真実なキリスト者は?
- イエス様の教えは、天国の例えで良く表れています。  マタイ13章  種蒔きの例え、 畑に隠された宝石の例え、網の例え 13:49
- イエス様の教えは、弟子が支払う代価を話されます。   ルカ14:25-33  代価支払いを願わないキリスト者?  真の弟子は少ない!  ヨハネ8:31-36
- イエス様の教えは、罪がどれほど危険なのかを教えます。    マタイ5:27-30   マルコ9:43-49   エレミヤ6:14  偽りの教え
- イエス様の教えは、マタイ25章の終末に対する3つの例えで良く表れています    10人の乙女、ダラント、羊と山羊…目を覚ましていなかったことで、ダラントを埋めていることで、愛を実践していないことで… 見捨てられ永遠な罰に置かれる? このすべてが教会の中での事柄です。
 しかし、こんなに明確に語られているのに私たちが易しく読み軽く考えるのは… 特定な教理の観点から見ることであり、神の御前でそれによって高慢な姿勢を持っているからです。

@ 私たちの主イエス․キリストの健全な言葉! 信心に基づく教え!に着念しましょう。このことには数多くの人々の死活が掛っています。真理の回復ができた説教者が現れるように…! この時代、真理の回復の為にとりなしで祈る私たちになりましょう。
  0
3500
番号     タイトル  投稿者 作成日
3 3. 教会の回復は “イエス様との愛の回復”によって ADMIN 2012-01-25
2 2. 教会の回復は“聖霊の働きの回復”によって ADMIN 2012-01-21
1 1. 教会の回復は“真理の回復”から始まります。 ADMIN 2012-01-13
1