神様との親密感
投稿者 ADMIN
作成日 2011-12-17 (土) 00:53
ㆍ照会: 825  
第2講 神中心的な信仰

* 神様と親しくなる為には、何より神中心的にならなければなりません。自己中心的には、絶対!親しみはできません。

                                                                                 木と枝、繋がっている? 親しみ!

1. 神中心的な信仰生活の概要
1) 私たちの信仰生活は、初めから神中心でした。

- 1:1  始めに神は? 主語は神様!       2:17 善悪の知識の木の意味?  私たちの自由意思と 神の主権
2) 神中心的な生活にのみ、神の生命があります。   
 - 生命とは、神様の実在を意味します。 アブラハムには神様が実在でした。共に歩み、教え、助け、守り、戒め、お祈りを聞 

かれ、彼を通して御旨を成し遂げられました。 その意味で、神様との親しみとご臨在は神の命です。この神の命は神中心的な生活にのみあります。    申命記30:20  ヨハネ14:6

- 善悪の知識の木の実を食べてはいけないという話は、神の主権的な統治の中に留まりなさいという意味でした。そのとき、

神様との親しみ、真の安息、夫婦の間の連合、健康が与えられました。 これが神中心的な生活にある神の命です。
 -
私たちが自己中心的になればなるほど 神中心的な生活を負担に感じるようになります。

3) 堕落の本質は自己中心的な信仰生活です。
- 堕落はサタンから始まりました。 イザヤ14:12-15  天使長ルシパは、神の被造物の中で一番優れた者だったのにも関わ

らず、それに満足できなく、神様の主権的な統治の中にいるよりは自分が神になることを望みました(=自己中心的)。どころ

が、被造物は神になれないので…結局、陰府にまで落とされるようになりました。天使1/3れて…  黙示録12:9
-
また、サタンは神様が被造物の中で一番喜ばれた、神の形で創られた人間を誘惑します。 誘惑の内容も同じです。

創 3:1-6 神の創造の秩序に満足しないように、自分が神になるよう誘惑しました。(=自己中心) これが堕落の本質です。
-
堕落は、単純に果物を取って食べたことではなく、神中心の生活から自己中心の生活に変わったことです。 イザヤ 53:6

4) サタンとこの世と自己中心的な生活     エペソ2:1-3

- この三つは緊密的に繋がっています。 私たちがイエス様を信じるとしても、自己中心的に生きるなら背後にはいつもサタンが働きます。これが恐ろしいです。自己中心的に考えるなら、自分も知らないうちにサタンに利用されるようになります。 

    マタイ16:21-23  ペトロ、   歴代上 21:1  ダビデの人口調査

5) 自己中心的な生活には、どんな神の命もありません。

- アダムとエバが堕落して自己中心的な生活に転落したとき、神のすべての命が消えてしまいました。親しみも、ご臨在も

消えたし、体は死ぬようになり、夫婦の間に葛藤が生じ、自然界は呪われ、全人的に病が臨むようになりました。即ち、神

の実在が消えたのです。 どんな時代であれ、神の実在が消えるなら霊的な胎が閉ざされるようになっています。

2. 神中心的な信仰生活の特
  - 神中心的な生活の特徴  :  神の資源で、 神の目的の為に、 神の方法でいきる生活

反面、自己中心的な生活の特徴は : 自分の資源で、 自分の目的の為に、 自分の方法で生きることです。
- イザヤ書とエレミヤ書を見ますと… 当時、信仰生活の中で大変な献身と犠牲がありました。しかし、神様は彼らが神を見

 捨てたと言われます。なぜなら、いくら儀式が多くても自己中心的であるなら、それが堕落したことだからです。

- ヨハネの福音書は神様との親しみが強調されています。また、イエス様が神中心的な生活をなさったことを教えてくれます。 イエス様は私たちの信仰の完全なモデルであります。


1) 神の資源で生きる生活     ヨハネ6:57

- イエス様は… 人を評価することも     ヨハネ5:30、 イザヤ11:2,3         

- 使役に対しても       ヨハネ5:19-20

- 御言葉を伝えることも   ヨハネ7:16, 8:28, 12:49  ßà エレミヤ6:14 平和? (主権的統治にのみ)  23:18 神の会議?

- 自分を立てることにも   ヨハネ7:4,5  ßà 自ら立てようとすることは、個人的な野望があるということ


2) 神の目的に為に生きる生活     ローマ14:7-8
  - 人々が一番、躓く部分です。 イエス様を信じても堕落するなら、自分の目的の為に生きるし神様も利用します。
  -
イエス様は神の目的の為に生きようとして二つを?
ヨハネ5:30  自らはなさらない?   ヨハネ4:34  糧と思われた


3) 神の方法で生きる生活     アモス7:7-8

- 神の下げ振り/基準に従って       - 神の観点で(霊的な分別力)      - 神の導きに従うことです。

 

à  ここに、神様との親しみがあります。

番号     タイトル  投稿者 作成日 照会
6 第6講 聖霊との交わり ADMIN 2012-01-06 1333
5 第5講  PLOの生活 ADMIN 2011-12-17 829
4 第4講 神の御顔を求める ADMIN 2011-12-17 849
3 第3講  十字架と親しみ ADMIN 2011-12-17 806
2 第2講 神中心的な信仰 ADMIN 2011-12-17 825
1 第1講 概要&有益 ADMIN 2011-11-24 831
1