神様を経験する人生
投稿者 ADMIN
作成日 2011-11-14 (月) 22:48
ㆍ照会: 1320  
第12講 神の御旨と教会

[10]  神の御旨と教会

- 今の時代、キリスト教の一番大きな課題は、この世が教会を通して神を知るようになることです。どうすれば、そのような教会になれるのか? 教会が、神のご臨在の中で、そのお方の働きを現わすとき、教会を見ているこの世は、そのお方に導かれるようになります。

 

1. ‘教会‘とは何でしょうか?  /  エクレシア(ekklesia)召されて出た’,‘召される’,‘選ばれるなどの意味です。

1) キリストとの関係 : 教会は沢山の肢体を持つ、キリストの生きている体であり(Ⅰコリント12:27) 頭であるキリストに繋がっています。教会のすべての働きはキリストの指揮と主観の下で行われます。 (エペソ1:22, 4:15-16)

2) 肢体同士の関係 : 教会には、御旨に従って各々肢体を体におかれています。(1コリント12:18) 教会の肢体は、お互いに特別な関係で、繋がっています。 (エペソ4:11-16)

3) 存在の目的 : 教会は、この世で父なる神様の救いの御業をキリストと共に担います。(マタイ28:18-20) 教会に属するすべての肢体は、神の同労者です。 (1コリント3:9)

à この為に、教会は人間中心ではなく、徹底的に神中心にならなければなりません。また、御前で純潔で清く、一つになることに熱心でなり、お互いに愛する共同体にならなければなりません。

 

* 一つの地域教会として、神の御旨を知り行う為に

 神様は、教会の中で、また教会の周りでいつも働いておられる。

-> 神様は教会と…実際的、個人的、持続的な愛の関係を求めておられる。 

-> 神様は、教会がその御業に参加するように招かれる。

-> 神様は、ご自身とその目的とその道を示される為に、聖霊を通して聖書、祈祷、環境、教会(キリストの体の肢体)を通して語られる。

-> 神様が教会を、ただ神しかできない働きに招かれるとき、教会は信仰の葛藤に出会われる。

-> 神の御業に参加するために、教会は画期的な調整をしなければならない。 

-> 教会が神様に従い、神様が教会を通して驚くほどの御業を行われることによって、教会は体験を通して神を知るようになる。

 - 神の国の価値ある使命を成就するために、教会は神様に完全に委ねなければなりません。

 - 教会は、神様から離れては、絶対、神の国での価値ある働きはできません。   ヨハネ15:5

 

2. 教会が一つの体として御旨を分別するためには

* 教会はキリストの体であり、多くの肢体が集まって一つの単位として役割をします。すべての肢体がお互いに委ね、お互いを必要とします。一人の個人が地域教会に対する神の御旨を全部知ることはできません。神の御旨を完全に知る為には体の各肢体は体の他の肢体を必要とします。   ) 鉄路の上を歩く人? 反対方向から来る列車   目は? 耳は? 足は?   

- 神様はその御旨を示されるとき、体の全部を通して働くことができます。神様がある個人に教会に向かってお話しされたとしたら、その人は神様から言われたと思われることを教会に話さなければなりません。また、教会は分別の為にお祈りをしなければなりません。そのとき、体の各肢体とイエス様との関係が大事でしょう(ヨハネ5:20)。 肢体らが自分の役割を上手く発揮するなら体全体は神の御旨を知るようになり、行われることができます。 教会が一つの体として機能を発揮することができないなら問題があります。

 

* 教会の意思決定の方法  (教会は民主主義ではありません。頭であるキリストの御旨に従うことが大事です)

- まず、意見を求める質問が大事です。何人賛成何人反対なのか このように質問はしてはなりません。必ず分裂が起こります。正しい質問は神様が明確に私たちにこの方法に進めるように導かれていると感じた人はどなたですか?と言うことです。自分の意見ではなく、神様が何と言われたのかが大事です。

- 討論が終わった後、私たちは充分な時間をもってイエス様の御旨を求めます。もし、投票をしたのに…55%は賛成をして45%は反対をしたなら、私たちはその働きには着手しません。神様がその方向に向かって私たちを導かれることを知ったとしても、時期的に合わないことと判断します。

- お祈りをしながら、頭であるお方が何を願っておられるのか…体の肢体全員に理解させてくださるように待ちました。

私たちは、神様は主導権を持っておられ、私たちに、一つの体として同じ心を与える為に、ご臨在されること(ローマ15:5-6,1コリント1:10)  また、そのように働かれることを信じました。

 

3.キリストの体と生命力

- 体の中の生命力は、構成員お一人お一人が神様との親しい愛の関係にいるとき始まります。また、すべての構成員がイエス様を持続的に頭として従うとき(神中心的であるとき)維持できます。 

- 聖霊様は、御旨とおり各肢体に任務を与えてくださり、彼らが神の御業に用いられるように準備されます。  エペソ4:11,12

また、聖霊の現れ(賜物)を通して、キリストの体を建たれ、各肢体を助けるようにされます。  1コリント12:7-10
- 神様は使命に合わせて教会を建てられるので、神様が教会に加えてくださる方々に特別に注目します。  ヨハネ6:44

番号     タイトル  投稿者 作成日 照会
12 第12講 神の御旨と教会 ADMIN 2011-11-14 1320
11 第11講 神を体験することと関連した質問と答え ADMIN 2011-11-14 907
10 第1講 神の御旨とあなたの人生 ADMIN 2011-10-27 1010
9 第2講 神を見上げて ADMIN 2011-10-27 981
8 第3講 愛の関係を強く求められる ADMIN 2011-10-27 953
7 第4講 愛と神の招き ADMIN 2011-10-27 976
6 第5講 神様が語られる1 ADMIN 2011-10-27 1032
5 第6講 神様が語られる2 ADMIN 2011-10-27 993
4 第7講 神様が語られる3 ADMIN 2011-10-27 1032
3 第8講 信仰の危機 ADMIN 2011-10-27 897
2 第9講 自分と日々の生活を神に向かって修正する ADMIN 2011-10-27 922
1 第10講 服従を通して神を体験する ADMIN 2011-10-27 994
1