神様を経験する人生
投稿者 ADMIN
作成日 2011-11-14 (月) 22:46
ㆍ照会: 907  
第11講 神を体験することと関連した質問と答え

[9] 神を体験することと関連した質問と答え

- 神様が私たちに御業を任せられるとき、必ず、成し遂げる力も与えてくださいます。

 

Q1)  どうして神様は、私の人生でこんなにゆっくり働かれるのでしょうか

 - 私たちは神様、私を早く成長させてくださいと言うかも知りません。しかし、むしろ神様は私はあなたが私に許される限り早く働いているよ.”と言われるかも知りません!     ヨハネ16:12-13  イエス様はもっと教えたかったが弟子たちは準備が!

- 準備とは? : 神様を愛しているのか? 本当に神様の働きが最善であることを信じているのか? 神様の導きに敏感に従う姿勢になっているのか? 神の時まで忍耐して待つことができるし、既に与えられているメッセージに従っているのか?などです。

* 神様がその尊い目的に合わせて私たちを造られるのに必要な時間を許してあげましょう。大きな任務こそもっと時間がかかります。

 

Q2) なぜ神様は、私にもっと大きな任務を任せてくださらないのでしょうか?

 - 神様のもっと大きな使命の為には、私たちの人生の中で、大事な基礎的な土台が立てていなければなりません。

 - 私たちは 主よ、私に大きな任務を任せてくださるなら、私にあるすべてのものを捧げながら主につかいます。と言うかも知りませんが、神様はこういわれるでしょう私も本当にそうしたい。しかし、それはできない。もし私があなたに任務を与えるとしても、今のあなたはそれを担うことができない。私はあなたが傷を受けるのを願わない。あなたは準備できていないよでも私たちはこういいかえすかも知りません 主よ、私はできます。してみてくださいしかし、ペトロのことを考えてみてください! (ルカ22:33-34) ペトロがどのようにするかを、イエス様がすでに分かっておられたように神様は私たちの状態を正確に分かっておられます。 私たちが準備できるなら神様のすべての御業の中に私たちを導かれるでしょう。

* 従って、忍耐をもって主を待ち望みましょう。主を待ち望む時間が絶対怠けの時間になってはいけません。 待つ時間を通して、神様が

その御業に合わせて私たちを作り上げられるように、私たちを任せていきましょう。 (神の働き人の資質 : 知識、品性、能力の調和)

 

Q3) 私は従おうとしているのに、環境が閉ざされているなら、それをどう理解すればいいでしょうか?

 - 神様が私たちをどんな任務とか使命に召されていることを感じて従おうとしているのに環境的にもっと悪い方向で進められているならそれは神様の御旨ではなかったのでしょうか?・・・環境を通して神の御旨を分別するのには慎重にならなければなりません。ヨナがニネベ行かせる神様を避けてタルシシュに向かって行くとき、折よくタルシシュ行きの船が見つかったので?・・・環境が開かれるって必ずしも神の御旨ではない場合もあります。   ヨナ1:3

-  多くの場合、神様が私たちを召されるか指示されるとき、私たちが何かをするように召されたのではありません。そこで神様が働きたいのです。例えば、神様はパウロを異邦人の使徒として立てられたのは神様がパウロを通して異邦人に行かれる目的でした。 使徒16:6-10、パウロが小アジアに行こうとするのに環境が閉ざされていました。しかし、それは閉ざされていたのではなく,神様がパウロに声をかけようと苦労されていたのであります(マケドニアの幻) 神様はマケドニアのピリッポで働きたいと思われて、パウロがそこに向かって行くことを望んでおられたのです。

* 従って、私たちが神について行きながら環境が閉ざされていると感じるなら神の御旨を聞くのに集中しなければなりません。そのとき、既に語られたことを再確認し、その御声に従いながら、主が私たちに次に行うべきことを語りかけてくださるのを待たなければなりません。

 

Q4) 私が頂いた言葉が神から来たのか、私の欲望から来たのか、サタンから来たのかを…どのように知ることができますか?

 - あることが起こったとき、それがサタンの業なのかを識別するためにサタンのことを研究するのは正しくありません。サタンは既に敗北しました。サタンが私たちに影響を与えることができるのは、私たちが神を信じることではなくサタンを信じるときのみです!(ローマ6:16) サタンは私たちを騙そうとするが…絶対、神様が目的されたことを邪魔することはできない。(ローマ8:28)

 - カナダの警察の偽紙幣防止訓練のとき!ただ正しい紙幣のみを研究させると言います。そうするなら偽紙幣はすぐ識別できるそうです。人々が偽紙幣をつくる方法を研究しようとするなら切りがないでしょう。

- マタイ4:1-11 イエス様はサタンと長く対話もされないで、その話の意味を分析もなさいませんでした。神様が与えてくださった言葉と違うならすべて排斥されました。 イエス様は、ただ神様にのみ集中することによって分別されました。

* 私たちがサタンとの霊的な戦いで勝つ秘訣は神の道を徹底的に知って、そこに届かないすべてのことから取り戻すことです。

 

Q5) 神様は私たちの人生に対して、一つの決められた計画を持っておられるのでしょうか?

- 神様は私たちの人生にどんな計画を持っておられるのでしょうか? 私たちをクリスチャン実業家、牧師、宣教者として招かれるのでしょうか? また、カナダとか日本、特定の国の宣教師として招かれるのでしょうか?

- 神様はある職務、働きの為に私たちを召されたのではなく!関係の為に召されました。神様が主人になられる関係で… 使徒2:36

- 私たちがそのお方を主人として認め、その御声に従うことさえできれば、そのお方は私たちが夢にも考えなかった働きに導かれるでしょう。しかし、私たちがそのお方に従わなければ、私たちを通してなさろうとされたことは見逃してしまうでしょう。  

* 従って、私たちは自分の希望をおろし徹底的に神中心にならなければなりません。 そして、このように反応しましょう。 主よ、私たちは主の僕です。主が命じられることなら、どんなことでもするし、どこでもついて行きます。喜んで従います。 ルカ1:38
à 全宇宙の主人から当たられる使命ならどんなことでも大事であり、その御業に用いられることより尊いことはありません。

番号     タイトル  投稿者 作成日 照会
12 第12講 神の御旨と教会 ADMIN 2011-11-14 1319
11 第11講 神を体験することと関連した質問と答え ADMIN 2011-11-14 907
10 第1講 神の御旨とあなたの人生 ADMIN 2011-10-27 1009
9 第2講 神を見上げて ADMIN 2011-10-27 981
8 第3講 愛の関係を強く求められる ADMIN 2011-10-27 952
7 第4講 愛と神の招き ADMIN 2011-10-27 976
6 第5講 神様が語られる1 ADMIN 2011-10-27 1031
5 第6講 神様が語られる2 ADMIN 2011-10-27 992
4 第7講 神様が語られる3 ADMIN 2011-10-27 1032
3 第8講 信仰の危機 ADMIN 2011-10-27 897
2 第9講 自分と日々の生活を神に向かって修正する ADMIN 2011-10-27 921
1 第10講 服従を通して神を体験する ADMIN 2011-10-27 993
1