神様を経験する人生
投稿者 ADMIN
作成日 2011-10-27 (木) 21:19
ㆍ照会: 982  
第2講 神を見上げて

        

神様は今も私たちの身の回りで働いておられます。どころが、その働きをどのように知ることができますか? 

 

1. まず、神を中心とする生活に変わらなければなりません。

* 神様は絶対主権者です。主導権は神様が持つことであり、私たちが主導することではありません。

-神の御旨を知り行うためには, 自分を捨て、神中心的に変わらなければなりません。     マタイ16:24

自己中心

自分の目的の為に / 自分の道と方法で / 自分の資源で / 自分の観点で

神中心

神様の目的の為に / 神の道と方法で / 神の資源で / 神様の観点で

-神様は、ある人に‘ご自分の為に何をするかを研究してみろ‘と命じることはなさいません。

創世紀6:5-14 ノアに現われた時神様は?        士師記6:11-16 ギデオンに現われた時神様は?

創世記18:16-33 アブラハムに現われた時神様は?     使徒9:1-16  サウルに現われた時神様は?

-私たちが神様中心になるとき神様が喜ばれることを成し遂げたいという心が私たちの内に生じます。  ピリッポ2:13

-私たちが神様中心の生活をするなら私たちはいつも神様の働かれるところで過ごすようになるでしょう。

神様は、私たちが神様の為に何をするか決めることを待つような働きはされません。むしろ、神様の願われることに自分の人生を調整し自分をおろす時まで待ておられます。

 

2. 私たちの計画 vs 神のご計画

 * 私がいるところで、神様が何をなさろうとされるのかを理解することが私が神様の為に何をしたいということより、もっと大事です。  私たちは、神様が何をなさろうとされるのかを…知らなければなりません。

- もしモーセが自分の人間的な方法でイスラエル民を救おうとしたなら… どんな結果になったと思いますか?

- なぜ? 私たちは神様の方法がいつも最上であることを悟れないでしょうか? 私たちが60年かかってもできないことを、神様はご自分に献身された人たちを使われて 6か月もかからないうちに終わらせることができます。

* 詩編81:10-12  神様は神の方法に従わない人々に対して、どのように対応されましたか?

あなたは自分が作った計画を実践しながら霊的な荒れ野でさ迷うことを願いますか? 神様の方法に従いながら早く霊的な約束の地に入りたいのでしょうか?

 

3. 神はご自分の民に語られる方であることを知らなければなりません。    (ß 神様に従おうとするなら…)

* 神様は変わりがないお方です。神様は今もご自分の人々に語りかけられます。    ヘブライ1:1-2

 - 今、神様は聖霊を通して聖書と、お祈りと、環境と、教会を通して語りかけられます。

- 神様の語りかけられる言葉(レーマ)を聞く人と聞かない人とは、どんな差がありますか?   ヨハネ8:47 

* 神様の御声を知る鍵は?  神様との関係性です! 神様の御声を聞くことは親しい愛の関係によるものです。従って、関係性を持っていない人は聞くことができません。  ヨハネ5:20

* 神様がご自身の働きを示される理由は、ご自身の働きに私たちが参加することを願われるからです。

もし、あなたが神様の御声を聞くことに難しさを感じているなら、あなたはキリスト者としての生活の一番重要な部分に致命的な欠陥を持っていることです!

 

4. 神は目的を持って語りかけます。    (ßその業を許し、従順していなければなりません。)

* 神様が私たちに語りかけられるその時が…神様の時です。その時、私たちの反応が大事です!

* 目的1 :  神様はご計画されている任務を私たちが上手く実行できるよう相応しい内面性を造られます。

- 神様はアブラムに語りかけられたとき彼を通してひとつの国を建てられる計画を持っておられました。しかし、イサクを息子として与えるのには、その後25年が経ってからでした。なぜ、そんなに時間がかかったでしょうか?à イサクに相応しい父を造るのに時間が必要だったのです。その父の品性はその以後、幾世代にまで影響を及ぼします。アブラムは25年以前、すぐ従わなければなりませんでした。なぜなら人格は一日二日で変わるものではないからです!

- ダビデ? サムエルを通して王として油注がれてから…10-12年後、王になりました。その間の時間を神様との親しい関係性を造るのに使いました。なぜなら、王が神様と正しい関係性になれるなら、それからその国はそうなれるからです。

  - パウロ?  生きておられるイエス様に出会い十数年後、伝道旅行に旅立ちました。神様はパウロを準備させるのにそのぐらいの時間が必要だったのです。

* 目的2 :  神様が主人であられることを教え、小さなことを通して訓練されます        使徒2:36  ?

- 私たちがキリスト者になったとき、私たちはいつでも神様が私たちの人生に介入できる権利を与えたのです。

 - 私たちが小さなことに充実できないのなら、神様は私たちにより大きな任務に任せられることができません。

 主人が僕に何かを指示されたのに僕が10回の中で 5回を すみません私に別の計画がありますと言ったと思いましょう! その僕を主人はどうされると思いますか?

番号     タイトル  投稿者 作成日 照会
12 第12講 神の御旨と教会 ADMIN 2011-11-14 1320
11 第11講 神を体験することと関連した質問と答え ADMIN 2011-11-14 907
10 第1講 神の御旨とあなたの人生 ADMIN 2011-10-27 1010
9 第2講 神を見上げて ADMIN 2011-10-27 982
8 第3講 愛の関係を強く求められる ADMIN 2011-10-27 953
7 第4講 愛と神の招き ADMIN 2011-10-27 977
6 第5講 神様が語られる1 ADMIN 2011-10-27 1032
5 第6講 神様が語られる2 ADMIN 2011-10-27 993
4 第7講 神様が語られる3 ADMIN 2011-10-27 1033
3 第8講 信仰の危機 ADMIN 2011-10-27 897
2 第9講 自分と日々の生活を神に向かって修正する ADMIN 2011-10-27 922
1 第10講 服従を通して神を体験する ADMIN 2011-10-27 994
1