日用の糧
投稿者 ADMIN
作成日 2011-12-13 (火) 14:18
ㆍ照会: 1129  
2011年12月13日(火) ー神様の子ども
今日の御言葉:ガラテヤ人への手紙 3:26~4:7

26  あなたがたはみな、キリスト・イエスに対する信仰によって、神の子どもです。
27  バプテスマを受けてキリストにつく者とされたあなたがたはみな、キリストをその身に着たのです。
28  ユダヤ人もギリシヤ人もなく、奴隷も自由人もなく、男子も女子もありません。なぜなら、あなたがたはみな、キリスト・イエスにあって、一つだからです。
29  もしあなたがたがキリストのものであれば、それによってアブラハムの子孫であり、約束による相続人なのです。
1  ところが、相続人というものは、全財産の持ち主なのに、子どものうちは、奴隷と少しも違わず、
2 日までは、後見人や管理者の下にあります。
3  私たちもそれと同じで、まだ小さかった時には、この世の幼稚な教えの下に奴隷となっていました。
4  しかし定めの時が来たので、神はご自分の御子を遣わし、この方を、女から生まれた者、また律法の下にある者となさいました。
5  これは律法の下にある者を贖い出すためで、その結果、私たちが子としての身分を受けるようになるためです。
6  そして、あなたがたは子であるゆえに、神は「アバ、父。」と呼ぶ、御子の御霊を、私たちの心に遣わしてくださいました。
7  ですから、あなたがたはもはや奴隷ではなく、子です。子ならば、神による相続人です。

聖書引用(聖書の著作権):新改訳聖書(日本聖書刊行会)

   本文は、私たちがどのようにして神様の子どもになったのか、を話してくれます。


Ⅰ.イエス様を信じることで、神様の子どもになりました(3:26-29)
 私たちが神様の子どもになったのは、律法によってなったのではありません。それは、イエス・キリストを信じることで、完全に神様の恵みによるものです。神様の子どもは、キリストにつく者であり、それまで着ていた汚れた罪の着物を脱いで、キリストをその身に着た者です(27)。また、神様の子どもは、アブラハムの子孫であり、その約束によって、神様の国を相続する者です(29)。


Ⅱ.神様を、「アバ、父」と呼べるようになります(4:1-7)
 遺産を相続できる者は全財産の持ち主です。しかし幼い時は、奴隷のように、父親が定める時までは、後見人の下にいて監視を受けていました。このように私たちも、幼い時には、日や月や節季や年のような初等学問に縛られて、支配されていました(10)。しかし時になると、神様がその御子を遣わされ、律法の下にいる私たちを贖い出され、子としての身分を受けるようにされました(4,5)。
 神様は、私たちの心にその御子の御霊を遣わしてくださり、神様を「アバ、父」と呼ぶようにされました。これは、この世の中のどんなものよりも、大きな祝福です。





祈り:父なる神様!私を縛りつけていた幼稚な教えから自由にし、神様を父と呼べるようにしてくださり、感謝します。

一言:子の身分を得させてくださった神様

  0
3500